増改築のすすめ

我が家の暮らしが劇的に変化!! 増改築リフォームのすすめ

増改築リフォームとは、住宅の増築工事と改築工事を合わせたもの。 増築工事は床面積を増やすリフォーム、改築工事とは一般的に構造部分に工事範囲がおよぶ大掛かりなリフォームのことを指す。

1.「増改築リフォーム」と「建て替え」どっちがお得?

一般的に建て替えを行うと費用がかかるが、思い描いた間取りをかなえることができる。一方、リフォーム柱や壁などの制限があるが、建て替えより費用は安く、理想に近い空間を表現できる。まずは、両者のメリットについて知り、どちらにするかの判断材料にしよう。

増改築リフォーム 「増改築リフォーム」をおすすめする場合 ・現在の家の構造がまだしっかりしている・できるだけ予算内に抑えたい・先祖代々受け継がれてきた住まいを残したい・キッチンや浴室などの設備を交換したい・大きな間取り変更は必要ないと考えている 「増改築リフォーム」のメリット ・新築より安い予算で施工できる・工事が短い期間で終わる・住みながらリフォームできる・10㎡以内(約6畳)の増築は確認申請が不要 「増改築リフォーム」のデメリット ・古い耐震基準の家は、補強工事が必要になる・プランに制約があり思い通りにできないことも・既存の建物と増築建物の耐久性に差が出る
建て替え 「建て替え」をおすすめする場合 ・1981年以前に建てられた家(旧耐震基準のため耐震補強工事が必要になり、費用が高額になることも。)・不満が断熱・構造・間取りなど多岐に渡る・土台の腐食やシロアリ被害が広範囲に及んでいる・地盤が不安定で、家に傾きが起こっている 「建て替え」のメリット ・イメージに合わせて自由にプランニングできる・安定した構造の住宅になる 「建て替え」のデメリット ・工事費が高額で、解体費などの経費も増える・工事が長期間になる・家が完成するまでの仮住まいや荷物の保管場所が必要・法令や条例で今より小さな家になる場合がある

知ってる?増改築リフォームにも建築確認申請が必要!

一般的に10㎡以上(約6畳)の増改築リフォームは建築確認申請が不要となる。一方、10㎡以内(6畳以下)の増改築リフォームなら建築確認申請は不要。ただし、防火地域と準防火地域の場合は、10㎡以内の増築でも確認申請が必要になる、防火地域では木造住宅の建設が禁止されていたり、準防火地域では外壁など延焼の恐れがある部分を耐火構造にするなどの地域により変わってくる。増改築リフォームは構造が関与する工事なので、信頼できるリフォーム業者を見つけることが重要だ。

2.「増改築リフォーム」で出来ること!

「住み慣れた家がなくなってしまうのは寂しい」という人もご心配なく。増改築リフォームなら、以前の面影を残しつつ、快適な住まいができる。ここでは増改築リフォームですてきな暮らしを手に入れた実例を紹介しよう。

リビングへ続く開放的な和室 和室を増改築リフォーム、襖・障子の貼り替え、壁はじゅらく塗り、天井?、畳も新しくなった POINT.外壁や屋根のメンテナンス時に一緒に工事すると、増築した部分が目立たない。
あこがれの対面キッチンを実現 リビングダイニングの隣にキッチンを増築。スムーズな動線と広いスペースを確保するため、L型の対面キッチンを備えた。2方向から光が入る、明るい空間に一新。
子どもがのびのび過ごせる自分の場所
子ども部屋のリフォームは家族とのコミュニケーションも考慮。あえて子ども部屋は小さくして家族が集うリビングへ促したり、リビングと隣接した部屋を増改築リフォームして子ども部屋にするのもおすすめ。
ちょっとしたスペースで住み心地UP
リビングの庭側を2畳分広げ、大きな窓を設置するだけで室内の印象は一新。増改築分は、物干しや子どもの遊び場、ペットのスペースなど、多彩に利用できるサンルームや縁側として活用できる。
耐震もしっかりで安心な住まい
増築改築リフォーム時には、耐震診断を行って欲しい。既存部分は旧耐震基準で建てられた可能性もあるので、必要であれば筋交いや壁の補修をしておこう。柱や壁を撤去するケースもあるので、専門家と相談を。

ハッピーホームについて