コラム情報

部屋干しの強い味方

じめじめと湿気が多く、天気の悪い日が続く梅雨シーズン。この時期に悩まされることのひとつに洗濯物があげられるのではないでしょうか?天気予報を見て、外に干すのを諦め室内に洗濯物を干すと、生乾きで衣服が臭くなったり、部屋の中に湿気がたまるというのが難点だと思います。最近では、生乾きで発生する嫌なニオイを防いでくれる部屋干し用の洗濯洗剤なども販売されていますが、部屋干しを手助けする【設備】も検討する方も増えています。

部屋干しの利点は、梅雨時期はもちろん、お出かけ中の夕立などでせっかく干した洗濯物が濡れてしまって台無しというようなケースも防げます。花粉やPM2.5、黄砂などが気になる時期も部屋干しなら安心ですね。また、近隣や立地関係などから外に洗濯物を干したくないというご家庭にも助かりますね!

 

今回は、そんな快適な部屋干しができるようになるリフォームの代表的な設備についてご紹介していきます(^-^)♪

 

 

 

浴室暖房乾燥機

乾燥や換気機能を使って浴室の湿度を下げられる浴室暖房乾燥機は、室内干しに使える設備の一つです!
乾いた温風を吹き入れることで浴室内の温度を高めた後、湿った空気をファンで外へ排出するという仕組みになっているので、洗濯物を干してから換気で湿った空気を外に出しておき、それから乾燥をすると効率よく部屋干しができます◎嬉しいのは、夜でも使えること。短時間で乾かせることが最大のメリットです!ただ、電気代はかかるのでコスト面では少し注意が必要です。

 

 

部屋干しユニット

部屋干しユニットとは、壁や天井に設置して、必要な時にバーを下ろして洗濯物を干すことができる設備です。手動式のものと電動式のものがありますが、電動式のものは取り付けに大がかりな工事を伴うので、そこは注意が必要です。部屋干しユニットのいいところは、必要ない時は収納しておくことができるので、スペースを取らないことです。またバーの高さを自由に変えることができるので、室内で洗濯物が目線に入って気になるということもなるべく避けることができるのが魅了です☆ 

 

 

サンルーム

サンルームとは、日光を取り入れるためにガラス張りで作られた部屋のことです。採光性や通気性が考慮されているので、天気はいいけれど花粉が気になるという場合にも、気にせず洗濯物を干すことができます。室内に部屋干しスペースを作ることができない場合やリビング内に生活感を出したくない方におススメの方法だと言えます。新たなスペースを設けるため、洗濯物を干すことで部屋が手狭にならないのもメリットです!

ただし、こちらは日光が当たることが前提なので、天気が悪い日や夜などはやはり洗濯物は乾きにくく、あくまで補助的な設備だと考えておく必要があります。

 

 

設備によって使えるシーンが変わってくるので、洗濯物の量や使いたい時間を考え、ご家庭に合った設備を選ぶことをおススメします。

 

また、効率的に部屋干しを行うには設備も重要ですが、それ以外にも気をつけておくポイントがあります。

 

①まずは、家事動線を考えて部屋干しスペースを作ること

洗濯物は乾かした後も、取り込む→畳む→収納する という流れがあります。
部屋干しのスペースを動線から外れた場所に作ってしまうと、せっかくの設備が面倒になり使わなくなるということが起こりえます。洗濯から収納までの動線がなるべく短くなる場所に部屋干しスペースを設けると良いでしょう。

 

②採光や換気に気をつけること

部屋干しすると、濡れている洗濯物でどうしても湿気がたまります。これを放っておくとカビの原因にもなりかねませんので、例えば、窓の近くに部屋干しスペースを取ることや、部屋干しファンや扇風機を併せて使うなど、湿気を下げる工夫が必要となります。また普段から湿気のたまりやすい水回りの近くに物干しスペースを作る場合は、併せて周囲の壁材や床材を調湿性のあるものに変えておくと、カビの心配が軽減できます。

 

いづれも費用はかかりますが、梅雨時期だけでなく、オールシーズン快適な部屋干しができるようになるので、ぜひ参考にしてみてください(*^^*)

ハッピーホームについて