コラム情報

雨樋は大丈夫?放っておくと大変です。

2019年7月11日(木)

梅雨シーズンに多いお問合せの1つに「雨漏り」「樋の劣化」があります。

外壁や屋根塗装・瓦の葺き替えは割りと気にして早めにご相談いただきますが

盲点なのが「樋」だったりします。。

もし、下記に該当するようでしたら、ご相談が必要ですよ!

・新築時と比べて歪んでいる

・雨樋が破損している

・雨が降った時にポタポタ漏れている

・落ち葉や土砂がたまっている

雨樋の交換を怠ったまま放置しておくことで、雨樋が全く機能しなくなってしまうだけでなく

少額の交換で済むはずだったものが、腐食やカビが発生し、大切な財産でもあるお家の寿命をことになってしまいかねません。

もちろんそのような場合になってしまうと、リフォームも多額の費用がかかってしまうケースもあります。

 

また、雨樋に異常が見つかったら、とりあえずその部分だけ雨樋を交換すれば解決すると思っていませんか?

雨樋がどのような原因で悪くなってしまったのかを調査せずに、ただ交換だけをしたら同じ原因ですぐにダメになってしまうかもしれません。

また、悪くなっていることに気付かず、雨樋がしっかりと機能していない期間が続けば、外壁や屋根にも悪い影響を与えているはずです。
雨樋は新品になったけど、見えないところで外壁や屋根の腐食は進んでいるかもしれません。

そのようなことを起こさないために、外壁・屋根の専門スタッフがいる会社を選び、必ず屋根に上がって調査をしてもらうことをお勧めします。

 

ハッピーホームについて