コラム情報

水廻りリフォームのセットは本当にお得なの?

2018年9月24日(月)

水廻りリフォームを検討する時に、よく目にする『セット』ってありますよね。複数のリフォームを同時に行う場合は、セットを利用してできるだけ費用を抑えたいものですが、「リフォームのセットは本当にお得なのか?」と思われている方もいらっしゃるでしょう。

それでは、水廻りのリフォームセットについてご紹介していきます。

水廻りリフォームは費用がかさむってホント?

水廻りリフォームは、費用がかさむ場合が多くなっています。その大きな原因としては、位置の変更が挙げられています。水廻りの設置位置を変更する場合には、同時に水道やガスの配管、電気配線の位置の変更も必要になってくるので、その分費用が余分にかかってきてしまうのです。

場合によっては、壁の撤去や床の修繕工事も追加で必要になる為、またそれも費用がかさむ原因のひとつとなっています。床下の腐食が進んでいる場合には、さらに費用がかかることがあるため、注意しておきましょう。

~リフォームセットを利用しない相場は?~

 

 

リフォームセットの費用とセットでない場合の費用とを比較するため、まずは水廻りリフォームの相場を場所別に見ていきましょう。

《トイレ》

 

トイレリフォームの相場は、簡単なもので10万円~20万円くらいとなっています。トイレのみを交換する場合や、ウォシュレットを交換したりするなどの、さらに簡単な工事内容であれば、低価格で施工することも可能です。しかし、和式のトイレから洋式のトイレに変更する場合など、解体工事が必要になってくる場合には、50万円以上の費用がかかる場合があります。

壁や天井のクロスなど、トイレに関係する箇所すべてをリフォームするとなれば、物にもよりますが100万円前後かかってしまうこともあります。

《お風呂》

 

バスリフォームの相場は、50~200万円程度となっています。在来工法のお風呂からユニットバスへの交換を行う場合には、タイル貼りをはつったり解体工事費もかかってしまうので、費用が多く発生するケースがたくさんあります。また、メーカーやランクによってユニットバスの金額、標準設備が変わってくるので、つけたいオプションがある場合は、標準設備に入っているランクのものを選ぶとお得になることもあります。

《キッチン》

 

キッチンリフォームの相場は、80~150万円くらいとなっています。キッチンの位置の変更を伴うリフォームの場合は、120~300万円と、費用の差が大きく変わってきます。システムキッチンの種類によっても、30~200万円と費用の違いが出てきます。また、換気扇交換など、キッチンに関わる小工事でしたら10万円前後でできる物もあります。

《洗面台》

 

面リフォームの相場は、8~20万円と言われています。「間口」と呼ばれる横幅サイズを、現在ついているものから変えない場合は、10万円前後でできるものもあります。間口を変えるリフォームの場合には、床や壁の工事も必要になってくるので、30万円近い費用がかかる場合もあります。

「システムタイプ」と呼ばれる、自分好みにカスタマイズできる洗面台を設置する場合は、40万円以上の費用がかかる場合があるため、相場が違ってくることに注意しておきましょう。

~セットを選択すると、どれくらいお得になるの?~

 

 

上記が水廻りリフォームのだいたいの相場となっていますが、リフォームセットを選択した場合は、それぞれ選んでリフォームをする場合に比べて、約5%くらい費用が安くなることもあるようです。セット内容もその時々で変わってきますが、仕入れの状況でセットにして安くなるものを組み合わせているので、一つ一つ選ぶよりもお得になります。また、リフォーム会社が費用を抑えるために提案してくれるメーカーのものであれば、仕入れ値が安いため、他メーカーより費用をあまりかけずにリフォームすることも可能になってきます。その為、まずは自分の希望する商品、機能など絶対あきらめられない箇所、変更してもいいと思える個所をご自身でまとめて、業者の方へしっかり伝えることから始めると、お得なリフォームができそうですね。

リフォームのセットを選択するメリットとデメリット

 

 

セットのメリットとデメリットは、どんな点があるのでしょうか。

メリット

・複数の工事を同時に行うため、施工費用を1回で抑えられる。

・大量に仕入れた商品をパックにしている場合、仕入れ代が抑えられお得になる。

・点検や見積り依頼、施工までに至る手間が一度で済む。

・1つの会社へ依頼することによって、不具合が生じたときに責任の所在が明確になる。

デメリット

・仕入れ時期によっては、型落ち商品が詰め合わされている可能性もある。

・メーカーや機能の選択肢が減ってしまう。

・カラーの選択肢にも制限がある場合がある。

一度にまとめてリフォームする場合は、このようなメリット・デメリットがあることをあらかじめ知っておくことで、いいリフォームができると思います。費用を抑えるための仕組みや、お得に素敵なリフォームをするための方法をぜひ参考にしてみてください。

おわりに

水廻りリフォームの周期は、だいたい15~20年とも言われており、設置した時期によって、商品の寿命によっては同時にリフォームが必要になる箇所がでてくるでしょう。取り替え時期の目安の15~20年になるまで「あと2~3年はある!」と思っても、時期は目安のため突然調子が悪くなったりすることもあります。特に給湯器などは冬場に突然壊れるケースが多く、「お風呂をリフォームしたときに同時にやっておけばよかった…」などという声もよく聞きます。そうした点からも、取り替え時期を考えて、前もってリフォームセットを利用して一度に済ませおく、というのは手間も少なく、後のことを考えると費用が抑えられ、お得に済ませることもできるのです。ぜひ一度、取り替え時期の確認をすることもオススメします!

ハッピーホームについて