スタッフブログ

No.349

2021年10月1日(金)

新しい間取り

こんにちは

ラックスリフォームの藤本です。

徐々に涼しくなってきました。なんだかんだで今年もあと3か月しかありません。とこのセリフをつい先日言っていたような気がします。31歳まだまだ若手と思っていましたが、月日が過ぎるスピードを考えると、うかうかしてられません!!

今回は「新しい間取り」と題しました。

つい最近まで当たり前だった仕様が、今は当たり前じゃない。

「革新的」といいますか、日々部屋の間取りも進化・変化してきています。

新築で言えば、バルコニーが2階にない家を多く見受けられます。

バルコニー=2階の概念が今変わろうとしています。

そんな今ある「新しい間取り」をご紹介したいと思います。

「ユーティリティースペース」

私はこの横文字の響きが大好きです。笑

「キッチン」「リビング」「寝室」などどこにも属さない「ユーティリティースペース」

「ユーティリティースペース」にもいろいろあります。

・「洗濯」だけを目的とした「ランドリースペース」

・「収納」だけに特化した「ウォークインクローゼット」

・「勉強・仕事」だけに特化した「ワークスペース」

などなど、

「スペースを贅沢に使う」

 

これまでは「スペースを有効活用する」という発想がメインであったように思いますが

各家庭の「色」を贅沢に取り入れる。

「掃き出さない窓」

私が勝手に命名しました「掃き出さない窓」

「掃き出し窓」を床から20㎝から40㎝上げて取り付け、4方枠の大きな引き違い窓として配置する。

そうすることで、空気の流れで起きる掃き出し窓のレールの掃除も楽に

外からの冷気も多少・・・軽減される。

これは先日商談中のお客様から「掃き出さないから掃き出し窓はいらない」というご要望があり、

確かに!!とさっそくブログにしたためております。笑

「掃き出し窓を400mm高くしたら窓枠に座ることができる!!」そんな発想です。笑

ただ最近では、断熱を優先し、引き違い窓を極力減らすという考え方もあります。

また室内に内窓を設置したり、窓の概念も大きく変わりつつあります。

間取りも日々進化し続けています

「玄関のない家」というLDKと玄関が繋げ、一つの広い空間もまたその一つです。

リフォーム・リノベーションになるとどうしても費用・予算が先行してしまい

間取りのご要望が合理的になってしまいがちです。

リフォーム・リノベーション・新築をご検討のお客様

20年~40年先までの暮らしを見据えて、

「家庭の色」を大切に、いかに負担なく、贅沢な時間を作るか

これをテーマに今一度考えてみてはいかがでしょうか。

 

 

広島県福山市・尾道市・府中市のリフォーム・リノベーションはラックス不動産へご相談ください
【お客様目線で考えるリフォーム・増改築(キッチン・トイレ・洗面所・お風呂・玄関)】

ラックス不動産について